© JOCKS All rights reserved.

20215/1

GentemStickオルタナシリーズ:スワローテールのインエッジ

 

今日のお題は2022年GENTEMstickの「ALTERNATIVE series」ネタを一つ。以前(18-19シーズン)までは「TARO TAMAI  SNOWSURF DESIGN(タロウ タマイ スノーサーフ デザイン)」と呼ばれ、ファウンダーの玉井氏のインスピレーションをGENTEMSTICK ラインナップとはまた違った形に具現化してきたラインナップであった。そのTTSSもマイナーチェンジを重ね、より洗練されたスノーボードに変身を遂げGENTEMSTICK 20周年を期にGENTEMSTICKに統合されている。

22年モデル「ALTERNATIVE series」の大きな特徴として、FISHテールのエッジがフルワープエッジが搭載された。2021モデルまではテールエンドを巻き込む形で、ワープエッジ処理は寸断されていた。2022モデルは、BIG mountain series同様スリットの根本までエッジ処理されている。

<<画像では見にくいが、スリットの根本まで銀色のスティールエッジが見えてるのがわかる。>>
<<旧モデルのロケットフィッシュを参照。テール先端を巻き込んでから、数センチでエッジエンド処理させれるのが見れる。>>

このことにより、FISHテールの強度が格段に上がる他、深いカービングでのしなやかなフレックスの後に反発でドライブするカービングターンが実現できるであろう。 大きなコストアップにつながるマイナーチェンジだが、値段は据置。(2018モデルと比べると1万円以上も安くなっています)

GENTEMSTICKのオルタナ系の特にFISHテール系の板で悩んでいる方は、来季のモデルが買い時なタイミングと思います。なんなりとご相談ください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20219/17

伝説のブランド “RCM RICHMAN”@ジョックス 西田崇

昨シーズン先行発売時にinstagram等で30歳後半以上のスノーボーダーの心を鷲掴みしたニュースがありました。“RCM RICHMAN”…

20219/2

黒伏高原”ジャングル・ジャングル”早割シーズン券受付開始中!

9月に入り、スノーボーダーの方は少しソワソワしてくる季節です。そんな中、山形県東根市のスキー場「黒伏高原スノーパーク ジャングル・ジャング…

20217/3

GENTEMSTICK CHOPSTICKS専用プレカットスキン販売決定のお知らせ

”GENTEMSTICK chopsticks”いわゆるスプリットボード。 スプリットボード は板を購入しただけでは使えません。登坂…

20216/21

『Kaiki Yamanaka × Flying-4 model』

プロサーファーで映像クリエーター。Dear_sir / 山中海輝。 気になる日本人サーファーの1人です。もちろん、303SURFBO…

LATE project<印>のロングスケートボード 再入荷!

<<画像の価格は新価格です。JOCKSでは旧価格で販売いたします。> <<画像の価格は新価格です。JOCKS…

ページ上部へ戻る