Hisanaga_logo  
 
 メインメニュー
 探し物はコチラで検索してね!

高度な検索

アルバムトップ : SURFING (サーフィン・波乗り関連) :  Total:1



SUP(スタンドアップパドルサーフィン)始めませんか?

SUP(スタンドアップパドルサーフィン)始めませんか?高ヒット
投稿者jocksjocks さんの画像をもっと!   前回更新2011-6-9 16:09    
ヒット数3176  コメント数0    
◇◆◇ 何故、今SUPのブームの波が来ているのでしょうか? ◇◆◇



波と言う不確定なフィールドで遊べるには、かなり運が関係してきます。特に仕事を持つ人々にとってはけして確率は高くはありません。

波が無くともサーフィンしている感覚、サーフィンと同じ筋肉を使えるのがSUPなのです。

サーフィンにチャレンジしたくとも、年齢的な壁や体力的な壁でスタートラインに立つ前にあきらめてしまう方が多い世の中です。その壁を取る払ってくれる魔法のボードがSUPなのです。



最初は水面をクルージング。慣れてくると、1時間でも2時間でも海をクルージングすることが可能です。

勿論、疲れてはきますが、疲れたらボードの上に座って一休みすればいいのです。釣り竿やランチBOXを持っていけば、最高に贅沢なひと時をおくれることでしょう。僕なら、ランチBOXとNONアルコールビールですかね。(笑)

海だけではなく、ゆるやかな流れの川や、湖、など身近なところで簡単に楽しめます。



波が無くとも内陸の湖、川で愉しむ事が出来ることでも、ファンを増やす要因になっています。

バランスのよい、フィットネススポーツとしてポロポーションのいい体型を作る為の運動として

ハリウッドのセレブ達の間でも愛好家が増えています。



特に女性にはサーフィンは難しい、というイメージがありますが、SUPならその日のうちに「楽しい!」

という笑顔を見る事が可能です。



日本ではモデルのSHIHOサンを始め、宮沢えりさん、坂口憲二さんもSUPの魅力の虜になっています。

<<SUPの事をもっと知りたい方はこちらから!>>